理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2021年9月26日(日)5名7 中京11R
第69回神戸新聞杯(GII)
3歳 芝2200m 馬齢
【首位不動・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 セファーラジエル 牡3 56 鮫島克駿 先行 好枠利し
2 2 ワンダフルタウン 牡3 56 和田竜二 差し 人気一角
3 3 キングストンボーイ 牡3 56 ルメール 差し 台頭十分
× × × 4 4 モンテディオ 牡3 56 池添謙一 差し 芝左0210
5 5 ステラヴェローチェ 牡3 56 吉田隼人 差し 対抗有力
× 6 6 シゲルソウサイ 牡3 56 岩田康誠 先行 複穴候補
7 7 レッドジェネシス 牡3 56 藤岡康太 差し 連穴候補
7 8 イクスプロージョン 牡3 56 松山弘平 先行 当地1110
8 9 テイエムタツマキ 牡3 56 富田 暁 差し 有得ない
8 10 シャフリヤール 牡3 56 福永祐一 差し 勇躍始動

全芝3010シャフリヤール。のちの皐月賞馬エフフォーリアに2馬身半の完敗喫した共同通信杯。その内容から逆転は至難と思えたダービーだが、劣勢を覆すまさかの大逆転。熾烈を極めたゴール前は所謂クビの上げ下げ、父ディープインパクト譲りの驚異の瞬発力でハナ差制していた。22歳ダービー2度目騎乗の横山武に対し、44歳ダービーも2度制して今や円熟の境地にある福永。大一番で鞍上の経験値がモノを言ったともいえるが、シャフリヤール自身毎日杯1.43.9の脅威のレコード勝ちから格段の成長を遂げていた。「ひと夏越して心身ともにさらに成長」(田代助手)とあれば首位不動。相手は皐月賞・ダービー3着ステラヴェローチェ、共同通信杯でシャフリヤール・ステラヴェローチェに割って入ったキングストンボーイ。



2021年9月26日(日)4中7 中山11R
第67回オールカマー(GII)
3歳以上 芝2200m 別定
【相手探し・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 ウインマリリン 牝4 55 横山武史 先行 粘り極上
1 2 ウインキートス 牝4 55 丹内祐次 先行 当地1100
× 2 3 セダブリランテス 牡7 56 石川裕紀人 先行 中芝2000
× × 2 4 アドマイヤアルバ セ6 56 柴田善臣 差し 立て直す
3 5 ソッサスブレイ セ7 56 柴田大知 追込 芝右0003
3 6 ランブリングアレー 牝5 54 戸崎圭太 差し 一発目論
4 7 ブレステイキング 牡6 56 石橋 脩 差し 髀肉の嘆
4 8 サトノソルタス 牡6 56 大野拓弥 差し 善戦まで
5 9 マウントゴールド 牡8 56 岩田望来 差し 中芝0013
5 10 キングオブコージ 牡5 56 横山典弘 自在 個性派GMW
6 11 グローリーヴェイズ 牡6 57 Mデムーロ 差し 難敵打破
6 12 レイパパレ 牝4 56 川田将雅 先行 独擅場か
7 13 ゴールドギア 牡6 56 田辺裕信 追込 当地0003
7 14 アールスター 牡6 56 長岡禎仁 差し 狙えない
8 15 ロザムール 牝5 54 三浦皇成 先行 残り目注
× 8 16 ステイフーリッシュ 牡6 56 横山和生 先行 前走離れ

全芝6010レイパパレ。無疵の6連勝で重の大阪杯を圧勝。2着モズベッロに付けた着差は4馬身。3強と目されていたコントレイル、グランアレグリア、サリオスを3着以下子供扱いに降した。前走宝塚記念3着は解せぬ結果ではあるが、あの大阪杯の決定的着差は馬場適性だけでは片づけられず、所謂絶対能力が違うという考えに今も変わりはない。前哨戦とはいえバリバリのGI馬不在のここはちょっと負けられぬところだ。相手探し。実績上位グローリーヴェイズ、粘り極上ウインマリリン、末切れるランブリングアレー、前走離れステイフーリッシュ、当舞台1100ウインキートス、個性派GMWキングオブコージ。