理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2018年12月9日(日)5阪4 阪神11R
第70回阪神ジュベナイルF(GI)
2歳牝 芝1600m 馬齢
【乙女の闘い・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
× × 1 1 ベルスール 牝2 54 アヴドゥラ 差し 課題克服
1 2 ジョディー 牝2 54 四位洋文 先行 穴の匂い
2 3 プールヴィル 牝2 54 秋山真一郎 差し 1F長いか
2 4 シェーングランツ 牝2 54 武  豊 追込 良家才媛
3 5 メイショウショウブ 牝2 54 池添謙一 先行 粘り特筆
3 6 スタークォーツ 牝2 54 荻野 極 先行 同型強力
4 7 ウインゼノビア 牝2 54 松若風馬 差し 掲示板迄
4 8 ラブミーファイン 牝2 54 丸山元気 差し 入着一杯
5 9 クロノジェネシス 牝2 54 北村友一 先行 特進編入
× × 5 10 タニノミッション 牝2 54 浜中 俊 差し 良血注意
6 11 ビーチサンバ 牝2 54 福永祐一 差し 前走評価
6 12 レッドアネモス 牝2 54 戸崎圭太 先行 個性派GMW
7 13 ダノンファンタジー 牝2 54 Cデムーロ 差し 高偏差値
7 14 サヴォワールエメ 牝2 54 藤岡康太 差し 好センス
7 15 ローゼンクリーガー 牝2 54 藤岡佑介 差し 千四2200
8 16 グレイシア 牝2 54 田辺裕信 自在 前走離れ
8 17 トロシュナ 牝2 54 北村宏司 追込 引けとらぬ
8 18 メイショウケイメイ 牝2 54 古川吉洋 先行 試練の枠

全芝2100ダノンファンタジー。来週の朝日杯JF優勝候補相手の新馬2着は已む無し。ひと夏越し+18キロで大楽勝の未勝利戦、続くファンタジーSの鮮烈な末脚にGI級の能力を確信。スタートが巧く無理なく好位がとれて道中の無駄な動きが皆無、鞍上の指示に従順なところがこの馬のクレバーさでありラストの爆発力に繋がっている。1昨年覇者ソウルスターリング妹シェーングランツ。父がディープインパクトに替わり更に才気煥発、4角後方2番手から大外一気に突き抜けたアルテミスSの末脚は優にGIレベルにある。全芝2000クロノジェネシス。ノームコアの妹で2勝はともに千八だが好位付けからメンバー最速上がりを繰り出しての完勝譜。前走ラスト32.5の瞬発力は尋常ではなく1F短縮にも難なく対応できよう。鞍上北村友に一抹の不安もここで一気にスターダムに駆け上がる可能性は十二分。以下先行渋太いビーチサンバ、前走離れグレイシア、好枠から行くジョディー、デイリー杯2着メイショウショウブ、我が道を往くレッドアネモス。



2018年12月9日(日)5中4 中山11R
第11回カペラS(GIII)
3歳以上 ダ1200m 別定
【伏兵看破・ハイペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 キタサンミカヅキ 牡8 58 森 泰斗 差し 稽古瞠目
1 2 コパノキッキング セ3 55 柴田大知 自在 千二3000
2 3 ヴェンジェンス 牡5 56 石川裕紀人 捲り 善戦まで
× 2 4 キングズガード 牡7 56 内田博幸 追込 前崩台頭
× 3 5 タテヤマ 牡4 56 大野拓弥 差し 好調維持
3 6 オールドベイリー 牡4 56 中井裕二 差し 地力上位
4 7 ダノングッド 牡6 56 田中勝春 追込 中二2201
4 8 ハットラブ 牝4 54 横山典弘 差し 末脚炸裂
× 5 9 ネロ 牡7 56 瀧川寿希也 先行 全ダ0215
5 10 ノボバカラ 牡6 56 勝浦正樹 追込 1昨年覇者
6 11 サイタスリーレッド 牡5 56 津村明秀 先行 復活成る
6 12 ナンチンノン 牡7 56 国分恭介 先行 速度陰り
× 7 13 オウケンビリーヴ 牝5 55 三浦皇成 差し 上位窺う
7 14 ブラゾンドゥリス 牡6 56 藤田奈七子 先行 中二2101
8 15 ウインムート 牡5 56 松山弘平 先行 見直し要
8 16 ヒカリブランデー 牡7 56 江田照男 追込 凡走続き

中ダ4001ハットラブ。ゲートが不安定で千葉S1人気5着、グリーンチャンネルC落馬など鞍上横山典共々脆さ同居の馬だが嵌まった際の破壊力はメンバー随一、今回と同舞台の前々走ながつきSだけ走れば勝機濃厚。全ダ5101コパノキッキング。敗戦2回はともに千四で千二以下では5戦全勝負け知らず。瞠目は前々走でスタート直後他馬に寄られズルッと下がる致命的不利ものかは4角13番手からの豪快な差し切り劇。OP昇級の前走も中団やや前の位置取りから砂を被りながらも直線確り反応、力強くグイグイ伸びてゴール前測ったように差し切った。相手はさらに強くなるが現下の3歳馬の勢いは侮れない。狙って妙味はサイタスリーレッド。6人気と下馬評は低かった前走だが大外から強気にハナを主張して直線向いても余力十分、熾烈な2着争いを尻目に2馬身差の圧勝劇。トップハンデ57を背負ってのものだけにその価値大。ダート転向後4連勝の逸材が復活成ったとあれば黙って買いの一手だ。



2018年12月8日(土)4名3 中京11R
第54回中日新聞杯(GIII)
3歳以上 芝2000m ハンデ
【好配確実・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 エンジニア 牡5 54 北村宏司 差し 力付けた
2 2 アメリカズカップ 牡4 56 松山弘平 先行 復調兆し
3 3 グレイル 牡3 55 津村明秀 追込 主力一角
3 4 エテルナミノル 牝5 54 四位洋文 追込 条件好転
4 5 マサハヤドリーム 牡6 55 北村友一 追込 芝左0004
4 6 ハクサンルドルフ 牡5 55 藤岡康太 追込 鬼脚秘め
5 7 ギベオン 牡3 56 Cデムーロ 差し 全芝2201
5 8 ドレッドノータス セ5 56 中谷雄太 先行 軌道乗る
6 9 レイホーロマンス 牝5 51 丸山元気 追込 軽量でも
6 10 ショウナンバッハ 牡7 54 鮫島克駿 追込 前走不利
7 11 メートルダール 牡5 57 福永祐一 追込 ハ戦3110
× × × × 7 12 ストロングタイタン 牡5 57 アヴドゥラ 差し 立て直す
8 13 スズカディープ セ6 53 岩崎 翼 差し 狙えない
8 14 マイスタイル 牡4 56 田中勝春 先行 押切十分

昨年覇者メートルダール。その後3戦未勝利も前走新潟記念がブラストワンピースの0.3差2着、地力の高さは疑いようがない。ハンデ戦は3110と滅法強く、58キロ背負った多摩川Sでもハクサンルドルフ以下に快勝、昨年の55→57も物の数ではあるまい。展開有利マイスタイル。全芝4317、近6戦2.6.1.1.9.2着。ムラ駆けの印象があるがすんなりハナか2番手なら2301、2.1.1.2着の安定味。弥生賞0.1差2着、ダービー0.3差4着、前走福島記念0.2差2着の粘り腰は特筆。強力同型不在のここは一気の押し切り十二分。全芝2201ギベオン。前走セントライト記念でまさかの大敗を喫したが千六→二二の一気の距離延長が堪えたか。新馬-特別連勝、毎日杯0.3差2着、NHKマイルCクビ差2着の地力を見直す。以下セントライト記念3着グレイル、近2戦重賞4.5着健闘エンジニア、芝左1200・立て直したストロングタイタン、目下2連勝と完全軌道ドレッドノータス。