理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2020年12月6日(日)3名2 中京11R
第21回チャンピオンズC(GI)
3歳以上 ダ1800m 定量
【相手探し・ハイペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アナザートゥルース セ6 57 Mデムーロ 先行 掲示板迄
アルクトス 牡5 57 田辺裕信 先行 千八0003
インティ 牡6 57 武  豊 先行 昨年3着
エアアルマス 牡5 57 松山弘平 先行 条件好転
エアスピネル 牡7 57 福永祐一 差し 軽視禁物
カフェファラオ 牡3 56 ルメール 自在 鞍上無双
クリソベリル 牡4 57 川田将雅 先行 国内8000
クリンチャー 牡6 57 三浦皇成 捲り 中三1200
ゴールドドリーム 牡7 57 和田竜二 差し 昨年2着
サトノギャロス 牡4 57 (未定) 追込 善戦まで
サトノティターン 牡7 57 (未定) 追込 通用疑問
× サンライズノヴァ 牡6 57 松若風馬 追込 終い確実
× タイムフライヤー 牡5 57 藤岡佑介 捲り 巻返期す
チュウワウィザード 牡5 57 戸崎圭太 自在 千八4211
デュードヴァン 牡3 56 (未定) 差し 一概には
メイショウワザシ 牡5 57 (未定) 先行 同型強力
× モズアスコット 牡6 57 横山武史 追込 人気急落
ヨシオ 牡7 57 (未定) 差し 連闘でも

国内8000衆目一致の◎クリソベリル。出遅れて道中も挟まれる不利被ったサウジC7着は已む無し。国内においては圧勝に次ぐ圧勝で2着馬に付けた着差は合計30馬身を超える。最も小差だったのが昨年の当レースだがインで逃げ粘るインティと外から差し切る勢いのゴールドドリームの間隙を割って突き抜けた脚はまさしく鎧袖一触、着差こそ半馬身だが力の違いをマザマザと見せつける圧勝劇。帰国後の2戦帝王賞、JBCクラシックも威風辺りを払うが如しの完勝譜。3歳にして最優秀ダート馬に輝いた馬が1年経てさらに力を付けたとぱれば逆らう余地はない。相手探し。鞍上無双カフェファラオ、千八4211チュウワウィザード、条件好転エアアルマス、昨年2着ゴールドドリーム、同3着インティ、前走快勝クリンチャー。



2020年12月5日(土)5中1 中山11R
第54回ステイヤーズS(GII)
3歳以上 芝3600m 別定
【波乱含み・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アドマイヤアルバ セ5 56 大野拓弥 追込 凡走続き
アルバート 牡9 56 岩田康誠 追込 当地3100
オセアグレイト 牡4 56 横山典弘 自在 中三3001
オーシャンビュー 牡7 56 (未定) 差し 芝右0003
ゴールドギア 牡5 56 田辺裕信 追込 近況一息
サンデームーティエ セ6 56 江田照男 先行 長欠叩き
シルヴァンシャー 牡5 56 戸崎圭太 差し 鞍上腕撫
ステイブラビッシモ セ7 56 (未定) 追込 衰えたか
タイセイトレイル 牡5 56 坂井瑠星 差し 前走健闘
× × × タガノディアマンテ 牡4 56 津村明秀 捲り 適性十分
ダンビュライト セ6 56 松若風馬 先行 残り目注
ヒュミドール セ4 56 吉田 豊 差し 大穴なら
ヘリファルテ 牡6 56 石橋 脩 追込 力量見劣
ボスジラ 牡4 56 横山武史 捲り 前走評価
ポンデザール 牝5 54 ルメール 捲り 勝つか着外
メイショウテンゲン 牡4 56 池添謙一 追込 馬体回復
リッジマン 牡7 56 古川吉洋 追込 1昨年覇者
ルミナスウォリアー 牡9 56 (未定) 追込 9歳の冬

全芝5005ポンデザール。その成績通り勝つか着外両極端。安定味はないが馬単3連単の軸に据えるには打ってつけのタイプといえる。勝利時の人気は3.3.3.2.2人気と妙味があり近2戦もルメール鞍上にも拘わらず2.3人気。レコードでボスジラを4馬身屠った前々走は強いの一語で強敵相手の前走札幌記念がラッキーライラックと0.2差4着。鞍上無双状態のルメールだけに流石にここは1人気かもしれぬがそれでも抜けた人気にはならないはず。鞍上の腕が大きくものをいう長距離戦、素直に中心視が正解だろう。相手は15,16,17年の当レースを制し昨年も2着のアルバート、前走強豪相手の京都大賞典0.3差4着シルヴァンシャー、前走丹頂Sが強かったボスジラ、昨年小差4着メイショウテンゲン、長丁場走るタガノディアマンテ。穴は先行ダンビュライト、長欠叩いたサンデームーティエ。



2020年12月5日(土)6阪1 阪神11R
第71回チャレンジC(GIII)
3歳以上 芝2000m 別定
【首位不動・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
エヒト 牡3 55 (未定) 追込 狙えない
キングニミッツ 牡7 56 (未定) 差し 静観賢明
× サトノクロニクル 牡6 56 藤井勘一郎 差し 3着までか
ジェネラーレウーノ 牡5 56 三浦皇成 先行 残目警戒
セントウル 牡4 56 (未定) 追込 連闘でも
トーアライジン 牡7 56 (未定) 追込 まず無理
× ナイママ 牡4 56 国分優作 先行 積極策で
ヒンドゥタイムズ 牡4 56 武  豊 差し 当地2100
ブラヴァス 牡4 56 福永祐一 差し 軌道乗る
レイパパレ 牝3 53 川田将雅 先行 全芝4000
× ロードクエスト 牡7 56 幸 英明 追込 捲り炸裂

全芝4000レイパパレ。逃げ差し自在の脚質で破竹の4連勝。持ったまま2馬身圧勝の前走が圧巻の強さだったが注目は久々で+20キロのデビュー2戦目。スタート安目で道中中団追走→直線前が壁ものかは狭いところを縫うように抜け出して1馬身差完勝。勝負強さが光った一戦でデキ八分でこの勝ちっぷりは特筆もの。2着に降したオーマイダーリンがのちにローズS3着、秋華賞6着。優にこの時点で能力は重賞レベルにあったといえる。前走を見る限り距離延びてさらにの印象で距離二千のここは期待が大きい。相手は七夕賞2着→新潟記念制覇と軌道に乗ったブラヴァス、当地2100・ブラヴァスと差のない戦績のヒンドゥタイムズ、3歳時重賞2勝・皐月賞3着の実績引けとらぬジェネラーレウーノ。