理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2019年12月15日(日)5阪6 阪神11R
第71回朝日杯フューチュリティS(GI)
2歳 芝1600m 馬齢
【駿馬激突・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
ウイングレイテスト 牡2 55 松岡正海 差し 前走健闘
エグレムニ 牡2 55 福永祐一 先行 通用疑問
カリニート 牡2 55 (未定) 差し まず無理
グランレイ 牡2 55 池添謙一 差し 一考余地
サリオス 牡2 55 ムーア 差し 高完成度
ジュンライトボルト 牡2 55 岩田康誠 差し 大穴なら
× × タイセイビジョン 牡2 55 武  豊 差し 台頭十分
タガノビューティー 牡2 55 和田竜二 追込 初芝では
トリプルエース 牡2 55 ビュイック 差し 見縊れぬ
ビアンフェ 牡2 55 藤岡佑介 先行 残目警戒
プリンスリターン 牡2 55 原田和真 差し 狙い辛い
× ペールエール 牡2 55 マーフィー 先行 巻返期す
マイネルグリット 牡2 55 国分優作 差し 大敗後で
メイショウチタン 牡2 55 松山弘平 先行 ローテ酷
ラウダシオン 牡2 55 ルメール 差し 主力一角
レッドベルジュール 牡2 55 スミヨン 自在 対抗有力

資質GI級サリオス。クラヴァシュドールを子供扱いに退けたサウジアラビアRCも強かったが千通過1.03.5の超スローを慌てず騒がず後方待機、3-4角大外をぐるっと回し直線だけで2馬身突き抜けた新馬が圧巻の一語。古馬と見紛う540キロの雄大な馬体から繰り出す大きなフットワークは迫力十分、クラシック級の大器であることは疑いようがない。特段これといった強敵も見当たらぬここは頭鉄板軸不動、抜けた1人気は見えているが黙って◎が正解だろう。相手は同じく2戦2勝負け知らずデイリー杯2歳S覇者レッドベルジュール、全芝2100京王杯2歳S覇者タイセイビジョン、ルメール腕撫ラウダシオン、先行渋太いペールエール、全芝2200ビアンフェ。



2019年12月14日(土)5中5 中山11R
第5回ターコイズS(GIII)
3歳以上芝1600m ハンデ
【混戦模様・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
× アマルフィコースト 牝4 54 坂井瑠星 先行 一概には
ウインシャトレーヌ 牝5 53 松岡正海 先行 何処まで
エスポワール 牝3 53 Mデムーロ 自在 全芝4111
オールフォーラヴ 牝4 55 石橋 脩 先行 一発目論
コントラチェック 牝3 54 ルメール 先行 中芝2100
シゲルピンクダイヤ 牝3 54 和田竜二 追込 千六1210
ダノングレース 牝4 54 三浦皇成 差し 厳しいか
ディメンシオン 牝5 54 マーフィー 差し 鞍上魅力
デンコウアンジュ 牝6 56 柴田善臣 追込 善戦まで
トロワゼトワル 牝4 55 横山典弘 先行 勢い随一
ハーレムライン 牝4 54 大野拓弥 差し 侮れない
× フィリアプーラ 牝3 53 丸山元気 追込 当地2000
× フロンテアクイーン 牝6 56 津村明秀 差し 見限早計
フローレスマジック 牝5 54 北村宏司 追込 近況一息
メイショウオワラ 牝5 53 内田博幸 差し 掲示板迄
メイショウグロッケ 牝5 53 蛯名正義 差し 勢い脅威
メイショウショウブ 牝3 53 池添謙一 先行 流込狙う
モアナ 牝5 54 (未定) 差し 当地2110
リバティハイツ 牝4 55 藤岡佑介 追込 入着一杯

勝って不思議ない馬は五指に余る大混戦。人気はかなり割れそうだが狙って妙味は同舞台の前走圧勝トロワゼトワル。52キロの軽ハンデに恵まれたとはいえ熾烈な2着争いを尻目に3馬身半差の圧勝劇。千通過55.4のハイペースで飛ばしての大逃げで所謂おいでおいでの影をも踏ませぬ大楽勝。1.30.3のJRAレコード勝ちは力なくしては出来ぬ芸当。単に展開に恵まれただけではない。ロードカナロア産駒の厩舎期待の素質馬がいよいよ本格化成ったとあれば3キロ増のハンデ55でも勝機十二分。相手は全芝4111エスポワール、中芝2100コントラチェック、マイル1210シゲルピンクダイヤ、鞍上魅力ディメンシオン、穴は先行メイショウショウブ。