理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解公開
レース前日:枠順・状態他最新情報更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解公開!




2017年7月23日(日)3名8 中京11R
第65回中京記念(GIII)
3歳以上 芝1600m ハンデ
【前残り注・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 レッドレイヴン 牡7 57 ホワイト 追込 叩いたが
1 2 ケントオー 牡5 56 太宰啓介 差し 芝左0015
2 3 ウインガニオン 牡5 57 津村明秀 先行 粘り極上
2 4 ピンポン 牡7 53 荻野 極 追込 芝左0006
3 5 ピークトラム 牡6 56 武  豊 先行 善戦可能
3 6 グランシルク 牡5 56 福永祐一 追込 末脚確実
4 7 ワンアンドオンリー 牡6 58 横山典弘 追込 終わった感
4 8 アスカビレン 牝5 54 松山弘平 差し 芝左0004
5 9 スーサンジョイ 牡5 57 和田竜二 差し 久々の芝
5 10 ダノンリバティ 牡5 56 松若風馬 先行 一発目論
6 11 マイネルアウラート 牡6 57 川田将雅 先行 立て直す
6 12 トウショウピスト 牡5 54 幸 英明 先行 1F長いか
7 13 ムーンクレスト 牡5 55 中谷雄太 差し 力量見劣
× 7 14 グァンチャーレ 牡5 55 古川吉洋 差し 叩き上昇
8 15 ブラックムーン 牡5 57 Mデムーロ 差し 鬼脚披露
× × 8 16 サンライズメジャー 牡8 57 秋山真一郎 先行 相手弱化

能力◎はブラックムーン。久々でデキ八分の前走米子Sをレコード勝ち。それも目イチ追われたのではなく余力残しでの楽勝だから反動はない。元々叩いてここが目標で中4週2100、Mデムーロ1100含む外国人J騎乗時4100。悲願の重賞初制覇は目前だ。展開◎はウインガニオン。抜群のスタートセンスとG前脅威の粘り腰でOP2連勝。全芝7.0.1.12。所謂勝つか惨敗、逃げ馬特有の脆さは拭えぬが全7勝中6勝が左回り、再度楽逃げ見込めるメンバー構成のここは押し切り十二分。以下末脚確実グランシルク、立て直したマイネルアウラート、叩かれ確実に良化グァンチャーレ、マイラーズC0.3差サンライズメジャー。



2017年7月23日(日)2函6 函館11R
第49回函館2歳S(GIII)
2歳 芝1200m 馬齢
【混戦模様・ミドルペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
1 1 サンダベンポート 牝2 54 中井裕二 先行 足りない
1 2 ナンヨープランタン 牡2 54 岩田康誠 差し 末脚父譲
× × 2 3 デルマキセキ 牝2 54 藤岡康太 差し 勝負強い
2 4 パッセ 牝2 54 岩部純二 先行 侮れない
3 5 ベイビーキャズ 牡2 54 ルメール 差し 函館1番星
3 6 ガウラミディ 牝2 54 城戸義政 差し ダート向き
4 7 アリア 牝2 54 丸山元気 差し 人気一角
4 8 ウインジェルベーラ 牝2 54 松岡正海 差し 掲示板迄
5 9 ヤマノファイト 牝2 54 阿部 龍 差し 静観賢明
5 10 ダンツクレイオー 牝2 54 池添謙一 先行 粘り込む
6 11 カシアス 牡2 54 浜中 俊 先行 上位確実
6 12 リンガラポップス 牡2 54 北村友一 先行 上位窺う
× 7 13 スズカマンサク 牝2 54 ティータン 先行 速度互角
7 14 モルトアレグロ 牝2 54 吉田隼人 差し 試金石だ
8 15 キタノユウキ 牡2 54 柴山雄一 先行 同型強力
8 16 ジェッシージェニー 牝2 54 菱田裕二 差し 一概には

能力◎はナンヨープランタン。ルーラーシップ×スペシャルウィーク。千二はどうかと思われる配合だが、新馬の勝ちっぷりは一頭地を抜くものでG前の伸びはまさに末脚自慢の父を彷彿。子供扱いに降した2.3着馬が次走圧勝、決して相手に恵まれたわけではない。連勝濃厚とみるが一抹の懸念は血統面からくる脆さ。千二のスペシャリストの台頭十分。2戦目激変のキンシャサノキセキ産駒2頭=カシアス、リンガラポップス。特に逃げた初戦から一変、好位追走からインを巧みに突いたレースぶり光ったカシアスは有力。穴と狙えばベイビーキャズ。出遅れて終始外々を回されながらも上がり33.9の末脚でキッチリ半馬身差し切った。G過ぎでは突き抜けており1F延長好材、木幡初→ルメールの鞍上強化も魅力。