理論に基づいたレース分析!競馬予想はトップライン

HOME→重賞展望

今週の重賞展望

必見!トップラインの実力を垣間見る! 様々な競馬予想ファクターを無料公開中!

レース結果/レース回顧アーカイブ

今週の重賞展望

毎週火曜日:登録馬・能力・展開・騎手・見解を公開
レース前日:枠順・状態ほか最新情報を更新

有料会員ページ ではレース前日18:00〜本社印・指数・最終見解を公開!



 


2019年4月28日(日)3京3 京都11R
第159回天皇賞(GI)
4歳以上 芝3200m 定量
【鼎の軽重を問う・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
ヴォージュ 牡6 58 和田竜二 先行 残目警戒
エタリオウ 牡4 58 Mデムーロ 差し 問鼎軽重
カフジプリンス 牡6 58 中谷雄太 差し 伏兵の域
クリンチャー 牡5 58 三浦皇成 差し 京芝2110
グローリーヴェイズ 牡4 58 戸崎圭太 自在 虎視眈々
ケントオー 牡7 58 幸 英明 追込 大望は酷
チェスナットコート 牡5 58 坂井瑠星 差し 昨年小差
× × × パフォーマプロミス 牡7 58 北村友一 先行 古豪健在
フィエールマン 牡4 58 ルメール 差し 新帝名告
メイショウテッコン 牡4 58 福永祐一 先行 旗幟鮮明
ユーキャンスマイル 牡4 58 岩田康誠 差し 皇位簒奪
リッジマン 牡6 58 蛯名正義 差し 入着一杯
ロードヴァンドール 牡6 58 横山典弘 先行 機略縦横

全芝3200フィエールマン。2度の敗戦は出遅れたラジオNIKKEI賞と中間熱発のアメリカJCC。ともにゴール前グイグイ伸びた末脚は目を瞠るもので所謂勝ちに等しい2着。寧ろその規格外の強さを浮き彫りにした。順調さを欠きながら近4戦すべて最速上がりで1.2.1.2着。デキ万全で臨む今回、よほどタフな展開にならぬ限り勝ち負け確実。相手は菊花賞で凌ぎを削ったエタリオウ筆頭に、同3着・岩田腕撫ユーキャンスマイル、ラジオNIKKEI賞でフィエールマンを、日経賞でエタリオウを降したメイショウテッコン、フィエールマンと並び上がり最速33.9で菊5着のグローリーヴェイズ。以上強力4歳勢に割って入れば機略縦横ロードヴァンドール。



2019年4月29日(月)1新2 新潟11R
第41回新潟大賞典(GIII)
4歳以上 芝2000m ハンデ
【波乱度大・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アウトライアーズ 牡5 54 丸田恭介 追込 相手強い
アストラエンブレム セ6 57 池添謙一 差し 新芝2100
× × エアアンセム 牡8 57 吉田隼人 差し 衰えなし
エンジニア 牡6 54 戸崎圭太 差し 鞍上期待
クリノヤマトノオー 牡5 55 和田竜二 追込 前走落鉄
サンデーウィザード 牡7 56 津村明秀 追込 1昨年覇者
ショウナンバッハ 牡8 54 田辺裕信 追込 届くのか
スズカデヴィアス 牡7 57 藤岡康太 追込 昨年覇者
ダッシングブレイズ 牡7 56 浜中 俊 追込 前崩台頭
× ドレッドノータス セ6 56 坂井瑠星 先行 前走不利
ブラックスピネル 牡6 57 三浦皇成 先行 ハナ警戒
ミッキースワロー 牡5 57.5 横山典弘 追込 ハンデ鍵
メートルダール 牡6 57 福永祐一 追込 当地0110
メールドグラース 牡6 54 レーン 先行 上昇魅力
ランガディア 牡4 54 (未定) 差し 新芝2000
ルックトゥワイス 牡5 55 北村友一 差し 二千3200
ロシュフォール 牡4 55 ルメール 差し 芝左4000

全芝5714ルックトゥワイス。同1702エタリオウほどではないが所謂勝ち味に遅いステイゴールド。好時計圧勝のグレイトフルSでふっきれたかにみえたが日経新春杯2着、日経賞6着とムラな面は相変わらず。ただ二千に限れば3200で当舞台2000と条件ベスト。間違いなく勝ち負けに加わってくる。全芝4101ロシュフォール。敗戦2回はともに右回りで左回りの東京新潟なら4000。スタートの拙い不器用な馬だけに広々とした直線の長いコースが合っている。近5戦すべて最速上がりでゴール前の伸び脚は相当に非凡。たとえ4角最後方でもキッチリ差し切る脚力がある。ハンデ55は見込まれたが好戦確実。以下AJCC0.1差メートルダール、新芝2100アストラエンブレム、ハナ警戒ブラックスピネル、前走不利ドレッドノータス。



2019年4月27日(土)2東3 東京11R
第26回青葉賞(GII)
3歳 芝2400m 馬齢
【上位拮抗・スローペース】








馬 名 性齢 斤量 騎手 脚質 短評
アドマイヤスコール 牡3 56 Mデムーロ 差し 延長好材
アルママ 牡3 56 柴田大知 先行 恵まれて
ウーリリ 牡3 56 福永祐一 先行 良血開花
カウディーリョ 牡3 56 石橋 脩 差し 末脚互角
× キタサンバルカン 牡3 56 大野拓弥 差し 鬼脚秘め
× サトノラディウス 牡3 56 三浦皇成 差し 前走離れ
セントウル 牡3 56 (未定) 差し 力量見劣
タイセイモナーク 牡3 56 シュタルケ 追込 取捨微妙
ディバインフォース 牡3 56 松山弘平 追込 通用疑問
× トーセンカンビーナ 牡3 56 藤岡佑介 追込 ゲート鍵
バラックパリンカ 牡3 56 和田竜二 差し 何処まで
ピンシェル 牡3 56 吉田 豊 差し ここでは
ピースワンパラディ 牡3 56 戸崎圭太 差し 決手鋭い
マコトジュズマル 牡3 56 レーン 先行 入着一杯
ランフォザローゼス 牡3 56 ルメール 先行 本領発揮
リオンリオン 牡3 56 横山典弘 先行 粘り込む

全芝1200ランフォザローゼス。新馬快勝後レコード決着の葉牡丹賞0.2差2着、京成杯ラストドラフトの同じく0.2差2着。中山二千ではワンパンチ足りなかったが好位付けからじわじわ伸びる息の長い脚質は府中二四でこそ活きる。十二分に間隔をとられ482→488→494キロと馬体の成長も顕著、新馬手綱のルメールがダービー切符をきっちり手中に収める。マカヒキ全弟ウーリリ。クビ差及ばず惜敗の前走毎日杯だが4か月ぶりで+16キロ、キャリア1戦での重賞挑戦を思えば所謂負けて尚強し。世代屈指の素質馬であることは疑いようもなく上位争い確実。以下決め手鋭いピースワンパラディ、延長好材アドマイヤスコール、残り目警戒リオンリオン。